文字サイズ

INGREDIENTS

シイタケ菌糸体

シイタケ菌糸体

シイタケには、子実体と菌糸体と呼ばれる部位があり、子実体は、普段ご家庭の食卓でよく食べられている部分「実」の部分になります。
菌糸体は、シイタケの根っこにあたる部分で、「実」の部分より多くの栄養素が含まれているのが特徴です。
シイタケ菌糸体から抽出したシイタケ菌糸体培養培地抽出物(LEM)にはβグルカンの他に特徴的な成分であるαグルカン、アラビノキシラン、バリニン酸、シリンガ酸などの有効成分が含まれています。

シイタケは傘の裏側で種に該当する胞子を作り、その胞子を飛ばしてシイタケ菌糸体を作ります。シイタケ菌糸体はシイタケの「実」である子実体を育てます。
そのことからシイタケ菌糸体はシイタケの母親と言われています。シイタケ菌糸体には生シイタケとは比べられないほど豊富な栄養成分が含まれているとされています。
シイタケ菌糸体の特徴的な健康への有効な作用については様々な研究機関で研究され、その効果に期待が持たれています。